電話でのご相談予約はこちら

0120-733-043

平日9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

リベンジポルノ画像を削除したい! 被害への対処方法を大宮オフィスの弁護士が解説

2020年01月08日
  • 削除請求
  • リベンジポルノ
  • 削除
リベンジポルノ画像を削除したい! 被害への対処方法を大宮オフィスの弁護士が解説

平成26年に私事性的画像被害防止法が施行されてから、毎年1000件以上の「リベンジポルノ」に関わる相談が警察に寄せられています。
このように、「ストーカー」などの付きまとい行為と同じように、「リベンジポルノ」の被害に関する相談も多く寄せられているのです。加害者の典型例は、交際相手(元交際相手も含む)です。

インターネット上に自らの性的な画像や動画を公開されてしまう「リベンジポルノ」。自分がリベンジポルノの被害者となってしまった場合、どのように対処したら良いのでしょうか。
今回のコラムでは、リベンジポルノの被害を抑えるために必要なこと、また、削除依頼の方法についてわかりやすく解説します。

1、リベンジポルノとは

復讐ポルノと呼ばれることもある「リベンジポルノ」は、別れた交際相手や配偶者への仕返しとして、交際時に撮影した相手の性的な画像や動画を、SNSや掲示板などで不特定多数の人に公開する嫌がらせです。当然ですが、これは犯罪行為です。平成26年には「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」(リベンジポルノ防止法)という、リベンジポルノを罰するための法律が制定されています。

2、被害に遭ってしまったら

インターネット上に自分の性的な画像(法律上は「私事性的画像」と呼びます)が出回っているのを見つけたら、パニックになって当然でしょう。しかし、動揺のあまり間違えた対応をしてしまい、事態を悪化させることは避けたいものです。とはいえ、画像や動画を削除せず放置しておくことも非常に危険といえます。

  1. (1)リベンジポルノへの適切な対処法とは?

    リベンジポルノ被害への対処法としては、以下のものが挙げられます。

    • 削除する
    • 刑事上の対処法(被害届の提出など)
    • 民事上の対処法(損害賠償請求など)


    ここで気を付けてほしいのが「削除」のタイミングです。早いに越したことはないのですが、損害賠償請求など犯人へ責任追及することを考える場合、削除の前に「証拠」の保全を行うことが大切といえます。証拠の残し方やどんなものが証拠となるのかについては、後述します。

  2. (2)リベンジポルノを放置するとどんなリスクがあるのか

    ご存じの通り、一度ネット上に出回った画像や動画は、放置していても自然と消えることはありません。たとえ加害者が逮捕されたとしても、画像・動画についてはそのままとなることが多いのです。時間の経過とともに減るどころか、コピー&ペースト・拡散によって被害が拡大する可能性もあります。

    画像の人物が誰であるか特定されてしまう可能性や、職場に知られてしまう可能性など、さまざまな危険が大きくなってしまいますから、画像などの情報を放置することはおすすめできません。

  3. (3)リベンジポルノは必ず証拠を残しておく

    リベンジポルノの被害に遭ってしまったら、一刻も早くその画像を消したいと考えて当然です。実際、対応が早いに越したことはありません。しかし、たとえすぐに削除したとしても、元の画像が加害者(元交際相手など)の手元にある以上、再度拡散される恐れがあります。

    問題を根本から解決するためには、加害者にしっかりと罪を認めてもらい、二度と同じことを繰り返させないことが重要です。そのためには、リベンジポルノの「証拠」が必要となります。

    以下のような方法で証拠を残しておきましょう。

    • 自分の写真や動画がアップされているサイトなどを印刷、またはスクリーンショットを撮っておく(印刷した日付がわかるようにしておきましょう。)
    • 自分の写真や動画がアップされているサイトのURLをメモ(記録)しておく


    そのほか、リベンジポルノの被害に遭ったことを知った日なども記録しておくと良いでしょう。可能な限り多くの証拠を保存することで、警察への相談や被害届の提出、裁判所への書類提出がスムーズに進むと考えられます。また、画像や動画の削除依頼をする際にも役立つでしょう。

3、リベンジポルノを個人で削除する方法は?

リベンジポルノの証拠を保存した後は、少しでも早く画像や動画の削除依頼をすることをおすすめします。まずは、個人で削除依頼する方法から見ていきましょう。

  1. (1)セーフラインに通報する

    個人で削除依頼をする場合の相談先としてまず挙げられるのが「一般社団法人セーファーインターネット協会」(セーフライン)です。インターネット企業有志によって運営される協会で、違法有害情報やリベンジポルノを報告することで、依頼者に代わってプロバイダに削除依頼をするとともに警察に通報をしてくれます。一連の対応は無料です。

  2. (2)ウェブフォームからの削除依頼

    サイトによっては、不適切な情報の削除依頼ができるフォームが用意されていることがあります。ウェブフォームからの削除依頼は、費用もかからず比較的手軽に行えるのがメリットと言えるでしょう。しかし、サイトによって対応が異なる上、「どの情報を削除してほしいのか」「侵害されている権利は何か」「権利が侵害されていると考える理由は何か」ということを自分でサイト側に伝えなければなりません。伝える内容に不備があると求めに応じてもらえないことも多いのが現実です。

    また、この方法の場合、依頼者自身の個人情報はサイト側に渡さなければなりませんが、発信者(加害者)の情報の開示を求めることはできません。

4、弁護士に依頼して削除する方法

次に、弁護士に依頼してリベンジポルノ画像・動画を削除する方法をご紹介します。紹介する方法自体は個人でも行えるものですが、弁護士が行うことで素早く削除される可能性が高まると言えるでしょう。

  1. (1)弁護士によるウェブフォームからの削除依頼

    個人の場合と同様、サイトに設置されたウェブフォームから削除依頼をすることができます。弁護士名義で削除依頼を行うため、個人の場合と異なり、サイト側に個人情報を知られることがありません。弁護士であれば、法的根拠をしっかりと示して削除請求を行えるため、サイト側が対応する可能性が高まると考えられます。

  2. (2)ガイドラインに基づいた請求

    送信防止措置依頼とも呼ばれる方法です。
    これは、サイトの管理者やプロバイダが、発信者(リベンジポルノの加害者)に対して投稿の削除の可否を尋ね、発信者から7日間以内に反論がない場合には投稿が削除されるというものです。発信者からの反論があった場合には、サイトの管理者やプロバイダが判断を行うことになります。同様の手順で発信者情報の開示請求を行うこともできます。

    個人でも依頼できますが、削除依頼書には「どんな権利が侵害されたのか」「権利が侵害されたとする理由」などを記入する箇所があり、個人では適切な対応が困難な場合があります。法的な観点から最適な主張をするため、弁護士に依頼するのが望ましいと言えるでしょう。

  3. (3)裁判所への仮処分申し立て

    削除依頼に対してサイトやプロバイダからの反応がない場合、裁判所へ仮処分申し立てをすることで削除を実現できることがあります。個人でも行えますが、専門的な知識がないと削除までに長い時間がかかると考えられます。その間リベンジポルノ画像が放置されるのは大きなリスクと言えるため、削除要請経験のある弁護士に依頼することをおすすめします。

  4. (4)リベンジポルノ加害者を訴える

    リベンジポルノ画像・動画の削除依頼をするだけでなく、相手(リベンジポルノ加害者)を特定した上で、訴えることも手段のひとつです。

    リベンジポルノ防止法違反や名誉毀損罪などによる刑事での訴えに加え、民事上の訴えによって慰謝料請求をすることも可能です。弁護士に依頼すれば、相手と直接関わることなく慰謝料請求ができます。「訴える(訴訟)」と聞くと、行動するためのハードルが一気に上がる方も多いと思いますので、心配なこと・不安なことがあれば何でも弁護士にご相談ください

5、まとめ

リベンジポルノの被害を防止するためには、そもそも、性的な写真や動画は決して撮らない・撮らせないことが大切です。たとえ親密な関係にあったとしてもです。しかし、実際に被害に遭ってしまったあなたが「写真を撮らせた自分が悪いのだ」と思うことはありません。どのような事情があったとしても、リベンジポルノが卑劣な犯罪であることに変わりはないからです。

対応の遅れによって被害を拡大させないため、まずは一度ベリーベスト法律事務所にご相談ください。削除請求など、リベンジポルノに関する実務経験豊富な弁護士が、依頼者の利益や名誉を最大限に守るために活動します。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-733-043

営業時間 平日9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

大宮オフィスの主なご相談エリア

さいたま市大宮区、さいたま市西区、さいたま市北区、さいたま市見沼区、さいたま市中央区、さいたま市桜区、さいたま市浦和区、さいたま市南区、さいたま市緑区、さいたま市岩槻区、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨 市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、白岡市、北足立郡伊奈町、入間郡三芳町、毛呂山町、入間郡越生町、比企郡滑川町、比企郡嵐山町、比企郡小川町、比企郡川島町、比企郡吉見町、比企郡鳩山町、比企郡ときがわ町、秩父郡横瀬町、秩父郡皆野町、秩父郡長瀞町、秩父郡小鹿野町、秩父郡東秩父村、児玉郡美里町、児玉郡神川町、児玉郡上里町、児玉郡大里郡、児玉郡寄居町、南埼玉郡宮代町、北葛飾郡杉戸町、北葛飾郡松伏町にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ