電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

過労死ラインは80時間? 100時間? 長時間残業規制の基礎知識

2020年12月07日
  • 労働問題全般
  • 過労死ライン
過労死ラインは80時間? 100時間? 長時間残業規制の基礎知識

埼玉労働局によりますと、令和2年7月14日、さいたま市大宮区所在の会社に対して、労働者に1か月あたり80時間を超える時間外・休日労働を課していることが複数の事業場において認められたことを理由に、埼玉労働局長による指導が行われたようです。

労働関連法令では、年々労働者の保護を強める方向で規制が強化されています。しかし、全国的に会社による労働基準関連法令違反の事例はあとを絶ちません。そのなかには違法な長時間残業があり、それによって命を落とす労働者もあとを絶たないのです。

そこで本コラムでは、過労死ラインの基本的な知識と過労死ラインを超過しても労働しなければならない現状への対策について、ベリーベスト法律事務所 大宮オフィスの弁護士が解説します。

1、過労死ラインとは

いわゆる「過労死ライン」とは、労働災害の認定にあたり、過重負荷の有無を判断する上で評価の目安となる労働時間をいいます。

長時間労働は、労働環境にまつわる問題のひとつです。特に近年は、正社員とパートタイマーや契約社員というような非正規社員の間で労働時間の二極化が進み、正社員の労働時間が長時間化しているという現実があります。

労働時間が長くなる弊害は以下のとおりです。

  • 睡眠時間が減少する
  • 長い労働時間により長い時間ストレスにさらされる
  • 長時間にわたる労働は疲労の蓄積をもたらす
  • 最悪の場合は過労死や過労自殺へ至る


これらの状況を勘案して、過労死ラインが設けられたものと思われます。過労死ラインは、①発症前1か月間におおむね100時間を超える時間外・休日労働または②発症前2か月間ないし6か月間にわたって1か月あたりおおむね80時間を超える時間外・休日労働です。

2、過労死の定義

  1. (1)過労死とは?

    過労死とは、業務上の理由による脳血管疾患や虚血性心臓疾患を原因とする死亡や、仕事による強いストレスなどを原因として発病してしまった精神障害による自殺のことをいいます。

    平成26年11月に施行された過労死等防止対策推進法第2条によりますと、過労死等とは以下のように定義されています。

    • 業務における過重な負荷による脳血管疾患もしくは心臓疾患による死亡
    • 業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡
    • 死亡には至らないが、これらの脳血管疾患もしくは心臓疾患もしくは精神障害


    厚生労働省では、令和元年度版「過労死等の労災補償状況」で、脳血管疾患や虚血性心臓疾患を発症したとして労災が支給された事例のうち、時間外労働時間別の状況を公表しています。令和元年度のうち、「評価期間1か月」では120時間以上から140時間未満がもっとも多く、「評価期間2〜6か月における1か月平均」では、「80時間以上〜100時間未満」がもっとも多かったという結果になっています。これらの時間は過労死ラインの規定とおおむね一致しているといえるでしょう。

  2. (2)過重労働による健康障害

    脳血管疾患や心臓疾患は、血管病変などが長い年月の間で形成・進行・悪化し、発症します。しかし、業務による明らかな過重負荷が加わった場合、血管病変などが自然経過を超えて著しく悪化し、脳血管疾患や心臓疾患を発症することがあります。また、業務による強いストレスが、うつ病をはじめとする精神障害を発症させることがあります。

    厚生労働省は、業務により明らかな過重負荷を受けたことにより発症した脳血管疾患・心臓疾患や、業務による強いストレスにより発病した精神障害を、業務上疾病として労災認定するための基準を示しています。

    これにより、労働者またはその遺族が労災請求を行い、業務上の疾病として認定された脳血管疾患・心臓疾患や精神障害に対しては、労災保険による補償がなされます。

  3. (3)脳血管疾患・心臓疾患の認定基準

    脳血管疾患・心臓疾患の認定基準は、その発症に影響を及ぼす業務による明らかな過重負荷があったか否かの判断基準として、「異常な出来事」、「短期間の過重業務」、「長期間の過重業務」の3つがあります。

    「異常な出来事」とは、労働者が発症直前から前日までの間に生じた、仕事による強度の精神的・身体的負荷をもたらす突発的で予測困難な異常事態や、急激かつ著しい作業環境の変化があったことです。

    「短期間の過重業務」とは、労働者が発症前のおおむね1週間以内に、日常業務に比べて特に過重な身体的・精神的負荷を生じさせる業務に就労したことをいいます。

    「長期間の過重業務」とは、労働者が発症前のおおむね6か月以内に、著しい疲労の蓄積をもたらす特に過重な業務に就労したことをいいます。

    なお、労働者が短期間または長期間の過重労働業務に就いたか否かの最終的な判断は、労働時間だけでなく、その他の勤務形態、作業環境および精神的な緊張など、労働時間以外の負荷要因が総合的に判断されます。

  4. (4)心理的負荷による精神障害の認定基準

    心理的負荷による精神障害の認定基準とは、発病した精神障害を業務上の疾病として認められるか否かに関する基準をいいます。

    認定されるための基準には、以下の3つがあります。

    • 認定基準で対象とする精神障害(対象疾病)を発病していること
    • 対象疾病の発病前おおむね6か月の間に、業務による強い心理的負荷が認められること
    • 業務以外の心理的負荷および個体的要因により、対象疾病を発症したとは認められないこと


    長時間労働に従事することも、精神障害が発病する原因となり得ます。したがって、上記認定基準のうち、「業務による強い心理的負荷」の認定については、一定の基準に基づいて、精神障害の発病前における長時間労働の状況も考慮されます。

3、36協定と過労死ライン

労働基準法第32条の規定により、労働時間は原則として、1日あたり8時間、1週間あたり40時間を超えてはならないとされています。これを「法定労働時間」といいます。

しかし、正社員を雇用する会社で、残業そのものが全くないという会社は珍しいかもしれません。この点、会社と労働組合、または労働者の代表との間で労働基準法第36条に基づいた残業に関する協定(いわゆる36協定)が締結され、所轄の労働基準監督署に提出されていれば、その範囲内の時間外労働については労働基準法違反ではなくなるという効果(免罰的効力)が発生します。

ただし、36協定を締結しているからといって、会社は無制限に労働者を働かせることができるわけではありません。時間外労働の上限は、1か月あたり45時間、1年あたり360時間です。

もっとも、臨時的に上記限度時間を超えて時間外労働を行わなければならない特別の事情が予想される場合には、厳しい要件の下、さらに上記限度時間を超えて時間外労働をさせることのできる「特別条項」を36協定で規定することによって、以下を上限とした労働時間が認められることになります。

  • 時間外労働が年720時間以内
  • 時間外労働と休日労働の合計が月100時間未満
  • 時間外労働と休日労働の合計について、「2か月平均」「3か月平均」「4か月平均」「5か月平均」「6か月平均」がすべて1月あたり80時間以内
  • 時間外労働が月45時間を超えることができるのは年6か月が限度


上記のうち、月100時間を基準として設定していたり、平均1月あたり80時間を基準として設定していたりしている点が、おおむね過労死ラインと一致しています。これは、特別条項と過労死ラインが、それぞれ基準を設けるにあたり、時間外・休日労働時間と健康被害リスクを勘案している点で共通しているためであると思われます。

なお、36協定に特別条項がなかったとしても、この上限は適用されます。たとえば時間外労働が40時間だったとしても休日労働が61時間以上になると労働時間の合計は100時間を超えるため、法令違反となります。

つまり、特別条項の有無にかかわらず、会社には以下が義務付けられているのです。

  • 1年間を通して時間外労働と休日労働の合計を1か月で100時間未満に抑えること
  • 2か月から6か月の平均ですべて1か月あたり80時間以内に抑えること

4、長時間残業にお悩みの方は弁護士へ

これまで、長時間労働と過労死に関する相関性を解説しました。あなたが置かれている労働環境の現状が以下に該当する場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

  • 過労死ラインに抵触している、あるいはしかねないにもかかわらず適切な残業代が支払われていない
  • 個人の労働環境の改善を望みたい
  • 未払いの残業代を支払ってほしい


労働問題の解決に実績と経験のある弁護士であれば、長時間残業などあなたの置かれた状況を冷静に分析することが可能です。たとえば、会社に対して未払い残業代の支払いを請求するだけでなく、その是正を求め、働きかけることができます。場合によっては、会社の強いる長時間残業などの違法行為に対して、あなたの代理人として損害賠償を請求することができます。

長時間残業で疲弊したあなたの代わりとして、弁護士はあなたが受けるべき権利を請求することができるのです。

5、まとめ

厚生労働省による「令和元年版過労死等防止対策白書」によりますと、民間雇用労働者について、平成30年度における脳・心臓疾患の認定件数238件、このうち死亡した件数は82件で、精神障害の認定件数は465件、このうち自殺は76件でした。近年、この数値はおおむね横ばい傾向にあります。

あなた自身が過労死の認定を受ける対象とならないためには、あなたが置かれている現状の理解とそれに対する自らの対策が不可欠です。ベリーベスト法律事務所 大宮オフィスでは、過労死ラインについてはもちろん未払い残業代請求についてのご相談を承っております。ぜひお気軽にご連絡ください。あなたのために、ベストを尽くします。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

大宮オフィスの主なご相談エリア

さいたま市大宮区、さいたま市西区、さいたま市北区、さいたま市見沼区、さいたま市中央区、さいたま市桜区、さいたま市浦和区、さいたま市南区、さいたま市緑区、さいたま市岩槻区、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨 市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、白岡市、北足立郡伊奈町、入間郡三芳町、毛呂山町、入間郡越生町、比企郡滑川町、比企郡嵐山町、比企郡小川町、比企郡川島町、比企郡吉見町、比企郡鳩山町、比企郡ときがわ町、秩父郡横瀬町、秩父郡皆野町、秩父郡長瀞町、秩父郡小鹿野町、秩父郡東秩父村、児玉郡美里町、児玉郡神川町、児玉郡上里町、児玉郡大里郡、児玉郡寄居町、南埼玉郡宮代町、北葛飾郡杉戸町、北葛飾郡松伏町にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ